震災の時の募金について偽善者を叩くことについて思う事

この記事はいつものようなレビューとは関係ありません。ただ、私が思うことをつらつら書いていくだけのものです。たまには、というか数記事に一つはこういったものもこれから入ってくると思います。日頃の思ったことはアウトプットしていきたいですからね。

さて、タイトルにある通り震災の時って色んな方面から援助とか募金があるじゃないですか?芸能人とか有名な人もツイッターで「〇〇を募金しました!」とか言ったりしますよね?

そういう時になると必ずと言っていいほど「ギゼンシャガー!」って人が現れます。もう現れますよ、待ってましたと言わんばかりに現れる。(以下、ギゼンシャガーと表記)そして募金や震災の援助活動をしている人に対して「アピールするな!!この偽善者が!!」と訳の分からないことを言い出すわけです。だって訳分からないですよね?人が募金しようと援助しようと、ギゼンシャガーには関係ないわけですよ。それなのにギゼンシャガーは人の行いに対して、「偽善はやめろ!!」と主張するわけですよ。
ギゼンシャガーの思考回路っておそらくこうでしょう。

援助・募金をアピールしてるぞ! → 自分の行いを認めてほしいと考えているなこいつ → 承認欲求が先に来て助けたいという気持ちは後に来ているじゃないかあぁぁぁx!! → 助けたいという気持ちが一番ではない、故にこれは偽善である!!!全力で叩け!!

そうやって、全く知らない人の心情を、これまた頼んでもいないのに勝手に察して「それは偽善だ」と言ってくるとか、もうほんとにご苦労様です!!その労力を被災地で使え!!としか言えません。お前ほかにやる事ないのかと。問い詰めたい。もう目の前に正座させて小一時間問い詰めたい。「黙って募金しろ!」と言うなら、こっちだって「お前も黙ってろ!」と言いたい。

とまあ、本当にウザくて迷惑なギゼンシャガーですが、このギゼンシャガーに対して私が特に一番言いたいことは「お前の価値観をこっちに押し付けるな!!」って事です。「それは偽善だ!!」っていてる時点でこの人にとっての善があるわけで、「それは偽善だ!」ってことはつまり「善をしろ!」って言ってるのと同じですよね。善って誰にとっても同じなわけないので、要するにこれは押し付けになる。もしも黙って募金したら、「あいつは黙って募金して、いい人を装うつもりだ!!それは偽善だ!」って主張もありそうじゃないですか。だから、何が善で偽善かってのは主張するだけ無駄だし、意味ないと思うんだよね。

なんかちょっと難しい話になってきたけど、要するに今回の震災で言えば、助けたいとかそういう気持ちが行動に出てればその順番は目立ちたいとかの後でも先でもどっちでもいいんだと思うんだよね。少なくとも何も行動してないやつにだけは何も言われたくない。震災でただでさえ暗い感じになってるのに、これ以上暗い感じにさせてどうすんだよって感じだしね。

まあ、私は何と言われようと気にしませんが。
今、ここで堂々と言いますがさっき1000円募金してきました。

もう、ギゼンシャガーって叩くのはやめよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。