【レビュー12-3】Far Cry4をやっています!(色んな方法で戦闘を出来るのが醍醐味!!あと動物の狩りもなかなか!)

今日もFarCry4をやってました!今日でもうやって三日目になるのですが、相変わらずストーリーは進んでいません!前回までの感想は以下の過去記事に書いています!
買った当日
一日目(ある程度の操作には慣れてきました。)
二日目(ステルス戦闘楽しい!!)

バーラル



さて、三日目ともなると操作にも色々慣れてきて、マンネリ化するのかなと思ったのですが、このゲームの凄いところは

そこでもマンネリ化が全く起きなかったという事です!私は他のオープンワールド系のゲームをやった事がないので他のゲームの事は知りませんが、少なくともFar Cry4はマンネリ化どころか、ますます世界に惹き込まれていくといった感じです!私がFar Cry4の世界に浸れた二つの要素を今日ご紹介したいと思います!

1.戦闘の方法が様々あって自分の戦略が立てられる。
よくゲームとかで、「自分の方法で攻略できる!!」とか「自分好みのキャラを育成!!」とかいう宣伝文句って聞くと思います。でもそういうのって大抵攻略に有利なのって決まってて、結局一部の設定しか使わないってことが多かったです。でもFar Cry4は違いました!全部の方法にちゃんとそれぞれ使いどころがあって、「別に使わなくても攻略できるし、使えばそれはそれで有利に進められる」っていう要素がとても豊富に感じました!例えば「動物の餌」とか「地雷」、「C4」とかですね!それゆえ、最初は操作の多さと複雑さに苦しめられましたが、慣れてしまえば「なんて自由な面白いゲームなんだ!!」と思わずにはいられませんね!これから武器も色々と解放されていくみたいだし、今後もこの点はとても楽しみです!

2.クラフト(アイテム所持可能数とか、武器所持可能数)を強化させる狩りが面白い!
クエストも色々進めていって、買える武器が増えていったのにお金が20万までしか最初は持てないんですね。そこで財布を強化しようと始めたのがこの狩りです!最初はアイテム集めなんて面倒だなって思ってたんですが、これがやってみるとハマりました!ハマる要素を考えてみたんですけど、やはりアイテム入手できた時の達成感ですかね!地図にはある程度の生息地しか表示されてないので、それを頼りに目当ての動物を探す。見つけたら気付かれない様に近づいて武器で仕留める。この時に弓矢やナイフ等弾丸でないものだと取れる皮が増えたりするってのっもいいなって思いました!これ、目当ての動物って結構見つからないんですね!バーラル、お前のことだよ!!サンバーってやつしかおらんかったやんけ!しかも変な野生の肉食獣にも邪魔されるし!そういうのを乗り越えて手に入れたときは、「あぁ、俺は今山で狩りをしているんだ!」って気持ちになれました!!笑 あと、アサシンクリードをやった時にも思ったんですが、UBIソフトさんはグラフィックがとても綺麗なので歩いているだけでもとても楽しいですよ!

ちなみに実際の動物の写真を調べたところ、ちゃんとバーラルとかラーテルって動物いるんですね!
↓こればバーラル 財布強化の材料になります。
バーラル

↓これがラーテル FarCry4ではこっちを認識すると襲ってきます。地味に耐久力がある。
Honey_badger

どいつもいかついな、、、

そんな感じでまだまだ楽しめそうなFarCry4、もっと楽しんでいきたいと思うます~!
いつか基地攻略をアップできればいいですね!

ではでは!!




「【レビュー12-3】Far Cry4をやっています!(色んな方法で戦闘を出来るのが醍醐味!!あと動物の狩りもなかなか!)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。