話題の「就活落ちた日本死ね」について 今の日本の就活について私の思う事

以下のようなブログがはてなダイアリーさんに投稿されてたので、話題になっているみたいですね。

就活落ちた日本死ね
※http://anond.hatelabo.jp/20160502111830より

これを書いたのはもちろん今就活中の大学生さんでしょう。私もついこの前までサラリーマンをしていたので大学時代は新卒で就職活動を頑張りました。しかもこの投稿者さんと同じように、高校生の時に受験勉強を死ぬほど頑張って割といい大学に入学したうえで就職活動を迎えました。なので共感というか、「俺も就活の時はこんなこと思ったな~」なんて思いながら読んでいました。ブログについているコメントを読んでみると、擁護する人、非難する人、色んな方がいましたが、私も読んでいる中で色々と思うところがあったので、それをここでは書こうと思います。
以下、大きく以下の二つに分けて書いています。
1.投稿者さん及び大学生が取るべき就活姿勢について
2.企業や国が取るべき姿勢について




【1.投稿者さん及び大学生が取るべき就活姿勢について】
まず、この際はっきりさせておきたい事ですが、企業も政治家も嘘をつきます。まあ、嘘をつくというのは少し語弊があるかもしれませんが、見栄えのいいことは高らかに掲げ、聞こえがいい事を声高に言う一方で、見栄えのよくないものはなるべく見えないところに置き、聞えのよくない事は、よほどのことでもない限りは自分達の方から言ったりしません。言うとしても限りなく聞こえのいいように表現を変えて言ってきます。これはもう情報が拡散しまくっているIT社会においては周知の事実かもしれません。しかし私も就活をしている時は世間知らずのガキでしたし、就活中って内定取れるか取れないかの人生の勝負所みたいな感じがして(ほんとはそんなこと全然ない。後述)そういう冷静さってつい欠いてしまいがちなんですよね。なので一歩引くというか冷静になれば説明会とかで本当に自分にあっている会社も分かると思いますし、面接で自分も企業がやっているように振る舞えばいいのです。誠実で正直な人間をアピールすることはいいのですが、そのために聞かれてもいない短所を言うなんて正に愚の骨頂です。社会に出れば嫌というほど分かるかと思いますが、世の中は大筋で「正直者が馬鹿を見る」みたいに動いています(私はそんな社会には反対ですが)。ですので、少し悔しいかもしれませんがそういった事を理解したうえで就活に臨むべきかと思います。投稿者さんは「就活はうそつき合戦」と言ってますが、社会に出れば正に権謀術数渦巻く世界に飛び込むことになるわけで、その練習と思えばいいでしょう。ちなみに私はそういった事が苦手だしやりたくもなかったので就活期間通して嘘はついていません(たぶん)。しかし、聞こえが悪くなっても印象はよくならないでしょうから、聞こえがよくなるような言い回しとかはすごく考えました。私にはそっちのほうがあっていましたし、結局自分に合う方法を取るのが最善なのかなとも思ったりします。
最後に、10社落ちるのは普通だと思います。ってか少ないかな。メンタルにくるのは分かります!もっと面接して面接慣れして鍛えよう!2017年卒の皆さん頑張ってください!

【2.企業や国が取るべき姿勢について】
私が言いたいのは、大学生に対しての就活姿勢よりもむしろこっちです。私が就活中の時は、それはもうほとんどの企業がルールを守っていませんでしたよ。経団連の決まりを守っている企業なんて本当にいるのかってくらい、どの企業も守ってなかったように思います。事実を誇張するってのは100歩譲っていいとして、「座談会です選考にはありません」って言っておいて選考するってのは本当に辞めてほしいと思いました。完全に嘘ついてるじゃないですか。就活の時期を決める経団連って組織があるのは当時から知ってましたが、ここに入ってなければ決まりを守らなくてもいいのかなと思って調べてみたら、名だたる企業が軒並み加入してるじゃないですか!誰も決まりを守ってない!!もしかしてこれは「大人の世界ってのは決まりはあってないようなものだよ」と言う大学生に対してのメッセージなのでしょうか?「正直者が馬鹿を見るんだよ」と言う人生の先輩からのメッセージなのでしょうか?マジいい加減にしろよ!と言いたい。
まあ経団連が決めたことも、就活に対する企業の姿勢もすぐには変わらないと思うので、この辺に関しては残りの期間を全力で頑張れ!出来ることは全部やれ!としか言えないですね。でも、毎年同じような問題が出てるのに経団連とやらは何をしているのかと小一時間問い詰めたいという気持ちはあります。ほんと何やってんだろ。
で、今後企業や国が取るべき姿勢というか方策ですが、投稿者さんも

「このゴミみたいな新卒一括採用とかいう制度、今すぐやめろ。一生働くことになるかもしれない企業を、たった数ヶ月で選ばせるなんて狂ってるだろ。新卒という一回きりのチャンスに失敗すれば、その後の人生完全にパーなるのもおかしいだろ。」

と言っているように、新卒採用をなくして「随時募集しています」の形にすれば色々解決するんじゃないかなと思います。学生は就活を意識して大学生活を過ごさなくてもよくなりますし、企業も一定期間での競合他社との無駄な争いをしなくて済むのではないでしょうか?随時募集の形にしたほうが本当の意味での競争が出来て、企業にとっても学生にとってもいいような気がするんですがどうでしょうか?そもそもこの新卒一括採用って誰得なんでしょうか?みんなで足並みそろえようぜ的な日本の古い慣習か何かですか?もしそうだとすれば、即刻取り払ってほしいですね。少なくとも私の目からすると得しているように見える人は誰もいません。就活ビジネスで食ってる人ら以外には。

【最後に】
機会があれば私の就活時のことを別の記事で書きたいと思いますが、内定なしで卒業してもその後ちゃんと就職できた人もいますし、就活留年して次年度に大手に受かった人もいますし、そのまま就職せずに個人で食べていっている人もいます!要するに、
まだ今年チャンスがある人 → 出来ると思ったことは全部しよう!自分が納得いく結果であれば内定はあってもなくてもよし!
もう今年チャンスがない人 → 卒業してもしなくてもチャンスはまたやってくるから、そう悲観的にならないで!就活ごときで人生決まらないよ!
経団連や企業 → いつまで新卒一括採用やってるんだ!いい加減にしろ!あと誇張は許すが嘘はつくな!

ってことです!大学生の方々、特に4年生は残りの大学生期間マジで後悔のないよう大学生活を送ってほしいです!

ではでは!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。