テレビが学校教育を批判 前からこんなんでしたっけ?

さて、前回に引き続いて今回も真面目な回になります。

今日、夜にテレビを見ているとTBSにて、日本人セレブ妻に密着取材みたいな番組がやってたんですね。ハワイに住んでて自らは会社を5社
経営しており、夫はハワイの開業医です。それでよくある感じの自宅訪問をしており、バックで何百万、靴で何百万、ワインクーラーで何千万みたいな話をしていました。私のような庶民から見ると目の眩むような環境にその方はお住まいで、「すごいなー」なんて思いながら見てました。

で、その奥さんが子供にどういう教育をしているか??






というくだりになってその時にセレブ妻さんが「学校のテストなんかよりも人と会うほうが大事だ」みたいな事を言っておりました。
一部、納得もする部分もあるものの、私としては「テレビで学校教育を否定するなんて、テレビって前からこうだったっけ??」という違和感を感じたわけです。

私は基本的に、「テレビは国のプロパガンダ装置」だと考えているので、その考えと相入れなかったために感じた違和感でした。
単に、過激で分かりやすい構成のためにそういうことを言っただけかもしれませんがね!!笑

私はたぶん平均よりは勉強を頑張ってきた身なので、学校の勉強は頑張らないよりは頑張ったほうがいいなと思った次第です。
別に学校の勉強を頑張って金持ちになってる人も沢山いますしね!!

ってな感じで、ここ最近で一番の違和感だったので記事にしてみました!!

ではでは♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。