5月13日舛添都知事の釈明について まとめ

世間を騒がせている舛添都知事ですが、本日14時から疑惑を釈明するための記者会見を行いました。

まず、都知事がこれまでの事とこれからの事を説明しており、要約すると、

1.いつもお金に関してはしかkりやっているつもりだが、今回一部の不適切な会計があったことに対しては申し訳ないと思っている
2.今回の反省を生かして、東京オリンピックに向けて全身全霊をかけて都知事業務に取り組んでいく所存

まあこんな感じでしたね。
その後、記者らから質疑応答があり、その中で主だったと思うものを紹介します。




・何故不正会計が起こったのか?
いつも会計に関してはしっかりしているつもりだが、人間だしミスもある。担当した会計士さんを責める気はない。今後は政治資金に精通した第三者の会計士に見てもらう。

・自分の監督責任については?
事務所の管理はしっかりやっているが、今回のミスを今後に生かしていきたい

・不正会計はミスだと言っているが、年をまたいで継続的に起こっているがどうか?
人間だし、ミスもある。今後に生かしていきたい。

・今後はどうするのか?
都知事業務を全うすることが、責任を取ることになるので、全身全霊をもって都知事業務に取り組む。

・今日の説明で有権者は納得するか?
個人による。私は真摯に対応したつもり。

・家族に対してはどうか?
家族よりも、報道陣が取材したお店の方にご迷惑おかけしたのが申し訳ない。

いまいち要領を得ない回答が多かった印象ですね。
まあ、政治家の記者会見なんてこんなもんかもしれませんが。

ってか、領収書にあて名書いてないみたいなくだりがありましたが、東京都のTOPがこんなとか、、、笑

しばらくはこの熱はおさまりそうにないですね、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。