出来もしないのに他人のコンテンツを批判する輩は、地獄行きなんじゃないか説

今回の記事では、ネットによくある罵詈雑言とその発信者の態度について考えてみたいと思います。

言うまでもありませんが、

罵詈雑言 :きたない言葉で、悪口を並べ立ててののしること。また、その言葉。

です。
なんで、こういう事を記事にしようと思ったかというと、



私の好きなyoutuberにサイヤマングレートという方がいるのですが、その人の筋トレ動画にはいつも一定数の否定的なコメントがつくんですね。
例えば下記の動画のコメント欄を見ていただければ分かるかと思います。

また、そういったやり取りの中で、

「出来ないくせに否定的なコメントをするな!」
「出来なかったら否定したらダメとか詭弁もいいとこ」

みたいなやり取りが必ず発生するんですね。

上記の動画に限らず、批判されるような動画だったり作品だったりってのは概して万人には出来ないようなことをやっているものです。
その行いに関してケチをつける事は、私ならしません。素直に凄い事だと思います。ましてや自分が出来ないことをやっているのならケチをつけるなんて発想が出てくることはないです。

批判する人の言い分として、「それを出来る出来ないに関わらず、批判するのはおれの自由だ」と思ってるかもしれません。
しかし、私が思うにそれはかなりかっこ悪い事だと思うのです。
こういう類のことって正しい正しくないって判定が出来ませんよね?
判定不可の時に最後に行きつくのは、やはり「感情」になります。
そう考えた時に、「自分が出来もしないことを批判する」という事が、本当にかっこいいことでしょうか?
私はかなりかっこ悪い行いだと思います。
そして、大体の人が私と同じ事を考えるのではないでしょうか?

そもそも批判なんて誰にでも出来ますし、その行為自体に価値がないのは明らかです。
価値がないだけならまだしも、人に迷惑をかけようってんなら地獄域になっても文句は言えないでしょう。

どのジャンルでも、「生み出す側」へのリスペクトを忘れない様にしたいものです。

ではでは♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。