【漫画で活字を飛ばす様な方は読まないでください】活字は漫画の命 もっとセリフや説明を大事にすべき

という訳で、また漫画の話です。
タイトルにも書きましたが、漫画で活字を飛ばす様な方は読まないでください。と言っても、文字を飛ばす様な人がこのブログにたどり着けるとは思えないし、いいか。

さて、この記事では何を書きたいのかというと、いつか同じ様な記事を書いたかもしれ漫画家さんはせんが、面白い漫画の条件についてです。



私がなぜこんな意見を発信するのかと言うと、昨今の漫画の在り方を変えたいからです。昨今の漫画は萌え絵と言うか、とにかく視覚に訴えるような傾向が強く出ている感じがするんですね。従ってセリフ等の文字が軽視されている、そう感じる訳です。
私の思う面白い漫画の条件は、簡単に言うと

「読んで面白い漫画」

これに尽きます。絵がどんなに下手でも読んでて面白い漫画がいい漫画だと思います。文字がいいなら小説でも読んでろ!と言われそうですが、全くその通りで面白い漫画は小説にしても面白いものです。逆に面白くない漫画は小説にしても全く面白くない。
これが私の思う面白い漫画の定義です。

先ほども書きましたが、最近の漫画は絵でみせようとしてて、セリフや文字を軽視している、酷いのになると絵ですら見るに堪えないものが多かったりします。
以前の記事でも書きましたが、カイジの班長が小料理屋に入ったシーンと、飯沼って漫画の親子丼はどちらが美味しそうか、これらを比べてみればセリフや文字の大事さが分かるかと思います。

そもそも読み物として、文字のみの小説等が出てるのに対して、絵のみの物は出ていませんよね??もし何か出てるとしてもわたしが知らないので、いずれにせよかなりマイナーなものであるという事です。この事実を見るに、読み物として文字が大切な事は一目瞭然です。

なので、今漫画を描いている人、これから描く予定の人達にはもっとセリフや文字を大事にした漫画を書いて欲しいものです。
これはまあ素人意見ではありますが、構図なんかはいくらでも例があると思うので、漫画家さんはもっと色んな本を読んでセリフや解説等の文章レパートリーを増やすべきなのではないかなと思います。更に、色んなものに触れれば自分の中の世界観というものが出来て、作品により一層深みが出るのではないでしょうか?

最近は、読んでて面白い漫画があまりないなと思ったので、この記事を書いてみました。
ちなみに、この惨状が続く様であればわたし自身が漫画を描きます。

果たしてそんな日が来るのか??!!
ではこの辺で♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。