準犯罪者ブロガー、宮森はやとの記事が犯罪的なのでここで断罪する

宮森はやとってのが嫌いすぎるからここでそいつについて書く

このブログでは有益な情報を発信する事を主においている。

つまり有益でない情報を発信するブログは対極にあり、敵なわけだ。

このエントリーでは、有害ブログ第一人者であると私が思う、宮森はやとについて書いていこうと思う。





そもそも何で私が彼の事を嫌いになったかというと、50円相談炎上が気に入らなかったからだ。

筋が通ってない、論理がめちゃくちゃ、もうこの一件で彼の事をかなり嫌いになった。

どれだけ嫌いかというと、もう彼が世の中から消えたほうが酸素の消費量と二酸化炭素の増加量が減って
世のためなんじゃないかと思えるくらいに嫌いになった。

まあ、これで炎上するくらいなら別にいいかって感じなんだけど。この私の大事なブログスペースを
使ってまで、彼の事をこき下ろそうとした理由は今回以下のような記事を書いていたからだ。

電通に入社したが「人生の負け組」だと思い込んでるアラサー(男)の相談に乗って。

内容が犯罪的である。

何故ならすべて嘘だから。

読めば分かるが、これはほんとの話ではない。

一個一個検証していきましょうか?

まず、写真がない。写真掲載拒否かもしれないが、それならそう書いた方が信ぴょう性がある。

話に信ぴょう性を持たせようと思ったら、それくらいの事はしてもいいがしていない。

この時点で、既にこの話はフィクションの疑いがある。

次に電通の具体的な話がない。

この人は電通の人で人生相談に来ているんですよね?理想と現実のギャップを感じて相談に来ているはず。

そのギャップを生み出しているのが電通なので、その事について詳しく書かれているべき。

しかしそれがない。

まあ、彼の頭や人脈では電通の業務内容とかを想像するのは、これくらいが限界だったのだろう。

そして一番気になったのは、その相談者の気持ちを結論づけている論理構成だ。

構成はこうだ。

彼は電通に勤めている
 → 
飲み会が楽しくない
 → 
彼は人生うまくいってないと感じているし、見栄や年収がよくても世間体に縛られるのは人生はだめだと僕(宮森)は思う。あえて皆さんに言います。まだ電通で消耗しているの?

なんですかこれ。。。

こじつけと呼ぶのも厚かましいくらいの、ただの落書きですね。

およそ義務教育を受けた大人の文章だとは思えない。

以上の点から、彼のこの記事はねつ造だと言う事が分かる。

しかも、最近過労死があって電通が何かとワークライフバランスの目の敵にされているし、
そういう消耗している社会人に向けて書いたものだと思われる。

まつりさんの死で電通が注目されたことをいい事に、それをネタにして、
このようなねつ造記事を書く彼は、野放しに出来ない犯罪者であると私は思う。

犯罪者とまではいかなくても、悪質なブロガーであることは間違いない。

そう、その辺のブロガーも嫌いな理由はここにある。

大した情報もないくせに、煽りだけは一人前で、炎上して有名になるから検索も上位に出てくる。

それを面白がってメディアが取り上げるから、他の有益な情報が埋もれる。

ほんとにふざけるなと言いたい。

早く、世の中から、せめて目の届かないところに消えてくれねーかな?

記事をねつ造してまでPVを稼ぎたい、悪質な準犯罪者ブロガー、それが宮森はやとである、

と結論付けて今日はこの辺で!

明日からもまた仕事を頑張ろう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。