一万時間の法則とかいう出来そうだけど誰も出来ない事。「誰もやらないんじゃなくて誰も出来ない。」

かなりいいものを見た

youtubeでのことであるが、一万時間の法則というものだ。

これは有名なので知らない人はあまりいないと思うが、簡単なことで一つの事を一万時間やるとその道のプロになれるというもの。

プロというと大げさに聞こえるかもしれないが、まあ要するにこれで食べていけるというか周りより優れた位置につけるという事だ。

何のことはない。継続しているだけである。





個人的にだが、これは「言うは易し。行うは難し」の最たる例だと思う。

何故なら一万時間と口で言うのはすごく簡単だが、実際にやってみようとなると、

10000/24 = 417

つまり、まったく寝ずにやっても417日かかる計算だ。

これを半日にすれば倍の834日。

一日8時間だと1251日かかる計算だ。

これは3年と約5か月である。

毎日休まずに8時間続けて、三年半である。

これでプロになれないはずがない。

だってあなたの周りに一つのことをこれだけやってる人はいますか?

いませんよね?

この事実もまた、この法則を固めているものと言えよう。

つまり誰もしてない(出来ない)から一万時間でプロになれるのである。

個人的にはこれを1000時間でも凄いと思う。

私も何かしら一万時間やりたいと思っているが、何かいい題材はないものか?

とにかく、今の世の中、継続と量だと思う。

これだけ出来ればどんな分野でも成功間違いなし。

それから、youtubeで10000時間の説明をしている動画は寒すぎww

では今日もがんばろー!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。