あなた「仮想通貨は今後どうなるか?」私「仮想通貨用インフラが今後どれだけ整うかに依る」

私の強みでもあり、弱点でもあるものが、
「様々なものに興味を持つ」という事だと思う。

ゲームの事を記事にしたと思ったら、仕事の事を記事にしたり、
はたまたYouTuberの事を記事に書いたり。
(この前書いたヒカルの新事業はやっぱりどうでもいい内容のようだ。)

何か一つの事に集中してもいいのかもしれないが、
一つの事に絞るにはこの世の中はネタに溢れすぎている。

私はいざとなれば、その辺の埃についても興味を持って記事を書けるし、
宇宙論(空間と時間のようなもの)でも記事を書く用意がある。
(まあ、当分そのような需要はないだろうが。)

という事で、本記事では自身の理解を深める意味も込めて、
『仮想通貨』について書いていこうと思う。
(このブログの主題はビジネス模索なので、金になりそうであれば何でもよいのだ。)




さて、仮想通貨。

これで何を思い起こすか?

多くの人はビットコインと答えるだろう。
今ではイーサリアムやリップルなんかも出てきている。

あなたはこれに何を期待しているか?

恐らく、というかほぼ全ての人が「金持ちになれるかどうか」
と答えるに違いない。

つまり投資対象としてどうなのか?という興味だ。

結論は既にタイトルに書いてある。
「仮想通貨用インフラが今後どれだけ整うかに依る」

多くの人が勘違いしているが、仮想通貨の代表格であるビットコインは
元々、新たな決済手段として考案されている。
(論文を読めば一行目に書いてある。)
Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

その決済手段の面が今後どれだけ整っていくかで、ビットコインの価値が
決まっていくという事だ。

現在はビットコインの値動きが激しいが、これは決済手段がまだ日本ではあまり浸透しておらず、
円に価値を担保しているので、投機的な動きが出ているだけだ。
(他の仮想通貨も全てそう)

決済用インフラが整ってくると、円からビットコインに移行する過程で値動きは抑えられるだろう。(そもそもそうしないと移行の意味がない。)

個人的にはこの動きは徐々にゆっくり動いていくものだと思っている。
日本の金融システムはまだまだ円に依存しており、IT業界もそこまで決済手段を仮想通貨にしようとは考えてないようだ。

従って、決済インフラが整うにつれて価値は安定していくが、その時はまだまだこなさそうなので、当面は投機的な投資対象としての側面を強く持ち続けるというのが私の仮想通貨に対する意見である。

従って、今後はFXサービスの通貨項目の一つに仮想通貨も登場してくるだろう。
(技術的に可能なのかどうか気になるが、恐らく可能。)

またビットコイン保有割合を考えると、仮想通貨が決済手段と考えれば、中国の貨幣価値に近づいていく気がする。
従って現価値から暴落する。

最後になるが、仮想通貨として価値がまだあるのは仕組み的にもやはりイーサリアムな気がしてならない。

最近口座開設して買ってみたし、今後の同行に要注目。

では今日はこの辺で。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。