VALUを持ち上げている輩はもれなく詐欺師

最近仮想通貨が流行っている。

私のツイッタータイムライン上でも、確かに仮想通貨関連の事柄が多く出てくるし、投資(投機)している人も少なからずいるように見える。

ここで仮想通貨関連のビジネスも出現していて、その一つにVALUというものがある。

今日はこのVALUについて自分が思う事を書いてみようと思う。





これは、簡単に説明すると個人にビットコインを用いて投資するものである。

一部のブロガーがこれを「金融の民主化」だとか言っているが、現在の株式市場の仕組みとは程遠い、そして似ても似つかぬ代物だと思う。

それに、ざっと見た感じでは今のVALUに群がっているお金(仮想通貨をお金と呼ぶには日本はまだ未成熟だが)はいわゆる投機マネーである。

「この人だから投資しよう」という気持ちからではなく、完全に金儲けのためにマネー流入の流れになっている。

VALUの時価総額上位者を見ると、まあ胡散臭い人らで占められている訳で、その中でも私はイケダハヤトがかなりうさんくさいと思ってしまった。

彼は最近のブログにて仮想通貨やVALUの宣伝をしきりに行っているが、それはそうする事によって彼に利益があるからであろう。

彼のうさん臭さというか、私が彼を嫌う理由の一つでもあるのだが、常に「自分は物事を知っていてあなたは知らない」というスタンスで書いているところが挙げられる。

VALUに乗らない事があたかも時代遅れだし、VALUは時代の流れであるというような事をしきりにアピールしているのである。

私は勿論そんな事はないと思うし、でも彼の論調には一定数騙されている人がいて、そういう人らのマネーを吸い取って彼は生きているんだなーとVALUというサービスが盛り上がっている事実をみて実感させられる。

話が逸れたが、VALUについて思う事はネット上でファンがついてないと参入しても意味はなく、自分ではなく他人の株を買うなら明らかに投機である、と言いたいのだ。

だって、そうだろう。

あなたが無名の人の株を買いたいと思わないように、他人も無名のあなたの株は買わないだろう。

となれば、あなたがVALUをやる意味は何かという事になってしまい、結局投機マネー投入しか道はないと思う。

それに、現実の株との決定的な違いは発行元に対して発言権を持たない事である。

現実の株は持っている割合に応じて、発言権を持つ事が出来、過半数を持っていたら発言権が決定権になる。

しかし、VALUにはそれがない。

あるのは意味不明な優待のみだ。

そういう意味でもVALUはネットで有名な人物の資金調達手段でしかなく、そういう手段ならクラウドファンディングがもう既に存在している。

そもそもだ。

ネットが発達していくら金融が「民主化」されようとも、ネット上にて認知されていなければ意味がない。

そして、その「認知される」という事は、ここインターネットにおいては、並大抵の事ではないのだ。

以上の事から、「VALUは一部の人にとっての集金マシーン&多くの人にとっての搾取マシーン」だと言えるのである。

あなたも怪しい人が進めるものには気をつけるべし。

では今日はこの辺で。

「VALUを持ち上げている輩はもれなく詐欺師」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。