イケダハヤトの脳内が稚拙である証拠と、現時点でVALUに未来はない話

今年は雨が多い夏ですね。

梅雨はまだ明けてなかったのか。。?

さて、以前プロブロガーについて書き、もう触れる事はないかと思っていた。

だって、彼らから学ぶ事なんて何もないしね。

ただ、ある日Twitterを見てると、「新卒半年ですが、会社の人よりもプロブロガーの人たちの方が優秀に見える」というような書き込みをしてる方がいるのを見て、

『あ、これは危険だ。プロブロガーの実態を暴くことで、こういった迷える人らが破滅に行くのを防げる。』

と感じたので、また書くことにした。

ちなみにこの記事はイケダハヤトについて書いている。

何故なら、彼が私が知るプロブロガーの中で最も悪質でたちの悪い存在だからだ。

加えて、彼が如何にレベルの低い幼稚な存在であるかの証拠、そしてVALUに無理やり誘導するような危険な投稿が最近あった、と言うのも理由の一つになる。

では、下記より説明しよう。




まず、彼は最近以下のような記事を書いていた。

【イケハヤ、自身の書生プログラムについて語る。】

まあ、内容はと言うと、

「今まで自分が教えて来た人らは活躍している!」

「結果が出てない人はまだこれからなんだ!」

「そもそもアンチは結果を急ぎすぎ!」

「結果が出るのなんて5年10年かかって当たり前なんだよ!」

「孫正義だって300年先を見ている!」

という内容だ。

ここに彼の確かな幼稚さが出ています。

(ってか、今書きながら笑ってしまうくらいヒドいな、、、。)

普通に社会に出て働いている人ならお気づきかと思うが、

今結果が出てない事を、「結果が出るのは時間がかかる」と論し、「今」から目を背けている点だ。

何年先を見据えていようと、そのために「今」を頑張るしかないのは、時を超越できない三次元生物の宿命だ。

そんな事は早ければ小学生で分かる事である。

なのに、「今」をごまかし、その負債を5年10年先に押し付ける、そんな人が成功出来るなら誰でも成功しているだろう。

それから、孫正義を例に出しているが、あの人は300年先を見ながら、「今」をものすごくハードに生きている。

決して小屋でスマブラなんかやっていない。

聞いた話だと、孫正義の20代は「世の中では自分が一番勉強している!」というくらい勉強したそうだ。

マジ凄いわ、マジで。

今もしこれを見ているあなたがプロブロガーに憧れているなら彼らが本当はどんな人なのかを良く見たほうが良い。

彼らの記事やツイッターは99.9999%虚構にまみれており、真実は虚構の奥深くに隠れている事がほとんどだ。

(イケダハヤトはあまりの幼稚さのため、真実も表面化している。笑)



それから、もう一点。

VALUというサービスについて。

私はこのサービスには一貫して批判的な立場である。

50年後であってもせいぜい今の株やFX的なポジションかと思う。

要するにただのマネーゲームである。

これは私の憶測ではなく、ちゃんとした証拠がある。

その証拠とは、

「VALU本来のクリエイターやフリーランスを応援するという目的に沿ってVALUをやっている人がいない。」

である。

要するに、皆マネーを集める事に必死で、「集めた資金で〇〇しています!今これくらい出来ています!」という人が一切いない。

皆、「予定」を言うか、売り出す、買いました!みたいなどうでもいい事しか書いていないのが何よりの証拠だ。

それにカスみたいな優待がどうだとか、本当にレベルが低い。

株式会社は株主に対して定期的に活動報告をする事が義務付けられている。

しかし、VALUにはそれがない。

義務付けられなければしないというのであれば、VALU使用者はその程度のレベルという事だし、それは集めた資金の使い道がVALU本来の目的に沿っていない事とほぼ同義だろう。

そしてイケダハヤトであるが、これまた

【VALUには「コンテンツ利用料の前払い」という側面もあるんです。】

という記事を書いている。

読んでみたが、詐欺師もびっくりの衝撃的な内容だった。

(恐らくここ数か月で最もクソな記事だと思う。)

内容はこうだ。

マニアックな話などと誤魔化しているが、要するに、

「VALUやろうよ。損したならまあドンマイ。」

こうである。

よくもまあ、こんなクソの役にも立たない事をネット媒体で平然と言えるなと半ば感心してしまう。

「損したならそれは利用料と考えよう!」

という意見がまかり通るなら、全ての損失にそれが当てはまってしまう。

極論、オレオレ詐欺にかかっても、「会話代金」となってしまうではないか。

こんな下手な詐欺まがいの事を平気で宣う輩がVALUの時価総額40億なので、VALUが如何にマネーゲーム偏重であり、参加者にクリエイティブ精神がないかがお分かり頂けると思う。

さて、冒頭に言っていた話に戻るが、今回イケダハヤトについて書いたが、プロブロガーと名乗っている人間は大なり小なりこのような感じである

タクスズキ、八木仁平、はあちゅう、あんちゃ、、、

これに関しては以下の記事が参考になるだろう。

http://【画像】イケダハヤト・はあちゅうなどの炎上ブロガーやインフルエンサーを分類してみたわよ!

最後に、ネットで一旗あげようとしている君に伝えたいのは、

「ネットで有名になるにはリアルで実績をあげるのが一番」

という事だ。

これに関しては、また別の機会に書きたい。

それでは今日はこの辺で!

まだまだ暑さが続くけど頑張りましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。