イケハヤ vs イケハヤ がヤバすぎる件

かなり久しぶりの投稿だが、ネットに秀逸なコピペがあったので、「彼はこんなにやばいんですよ!」という警告を後世の為に残したいと思う。

内容はイケハヤの発言がどれだけ矛盾しているかという内容である。

よかったら拡散して欲しい。

イケハヤ vs イケハヤ




イケハヤ vs イケハヤ

―-
“ぼくは「サラリーマンというだけで、人をバカにする」人間ではございません。…というか、そもそもそんな人いるんでしょうかね。ネトウヨの「韓国人は嘘つきだ!」レベルの非合理的なレッテルですよね、これ。”
vs
“「世の中厳しい、身の程を知れ」とか説教たれるおっさんたちは、だいたいサラリーマンか公務員でしょ?違う?”
vs
“今回の話は大元さんが「イケダハヤトはサラリーマンをバカにしている」という、荒唐無稽な主張を展開していたので「それは大いなる誤解です」と主張したのみです。サラリーマン「だから」人をバカにするとか、それこそバカでしょう。”

―-
“田舎は楽しいですよ。東京みたいに遅くないですから。人数が少ないということは、スピーディーに動けるということ。イケてる田舎のスピード感は凄まじいものがあります。”
vs
“イケハヤは「やるやる詐欺だ」みたいなクソリプをしてくる人たちは、マジで自分で事業をやったことがないんだろうなぁと思う。
自分で事業やれば、この感覚がわかるはずなんですけどね。ぼくは30年スパンで考えてます。”

―-
“お金がなくても人と人が直接つながれば、できることはたくさんあります。今やソーシャルメディアを使いながら、年収150万円でも幸せに生きることが可能になってきているのです。年収と幸せは比例しません。お金の呪縛を解きましょう。”
vs
“今の時代はお金を稼ぐことって、人間の尊厳の基盤になるんですよね。”




“結局、パクリがNGかOKかというのは、ビジネスモデルの問題なんですよ。ぼくが作っているビジネスモデルですと、むしろコンテンツを勝手にばらまいていただいた方が、利益が出やすいんです。
また、パクられてもOK!というスタンスの背景には、年間500万円くらい売上あれば十分だ、という目標の低さもあります。”
vs
“YouTubeチャンネルが丸パクリされてる……。著作権被害を報告したよ!”

―-
“「匿名アカウント」で個人批判をやっている時点で、あなたの立場は不利になります。多くの人は、あなたの批判的意見をマジメに受け取りません。
なぜなら、「匿名」を使っている時点で「逃げ道」を用意していると取られ、「対等」だと見なされないからです。”
vs
“「イケハヤ」はキャラクターであり概念なので、影武者も何もないですよ。ミッキーマウスに本人も影武者もないですよね。
このアカウントも、10人くらいで作ってるんじゃないでしょうかね、今。もはや創設者すら、中で動いている人数を把握してないです。”

―-
“「ONEれいほくがレイプ事件を起こした」みたいな謎の風評被害が広まってる気がしますが、普通に事実関係違いますからね……。そもそもぼくは「マジで事情を知らない」ので、この件について語ることばは持っていません。”
vs
“無論、これは「ONEれいほく」というより、地域全体の課題です。”

―-
“ネット上の誰かが嫌いなら、一切言及せずにスルーするのが一番なんですよ。「田舎に移住した某ブロガー」とか匂わすのもNG。”
vs
“田端氏は今回、ろくに事情も調べず「正田に疑義があるなら説明を求めろ。で、誤りがあるなら謝罪するのが筋だ」と、くだらん善意でイケハヤに言ってきたわけですね。
独善的であり礼節を欠いてることに、一ミリも気づいてない。”

いかがだっただろうか。

これでも彼の主催するサロンに入ったり、商材を買っている奴はもう一度考え直した方がよいと思う。

では、今日はこの辺で。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。